スポンサーサイト

--年--月--日 (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円環の理

2013年10月29日 (23:20)

2013年10月26日に劇場公開となった 「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」 を鑑賞するためT・ジョイリバーウォーク北九州まで行って来ました。ここに訪れたのは劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語 と [後編] 永遠の物語 を観に行った以来約1年振りですね。


劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 特典色紙ほむら
来館してチケットとパンフレットを購入。
入場時には特典の色紙をもらえました。色紙は包装してあって中身が見えない状態になってますので、どのキャラが欲しいとかの指定はできません。わたくしは、ほむほむでした。




劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 特典色紙ほむら&外装劇場版を視聴した人たちの反応が不穏(?)や困惑(?)なものが多かったので、内容がどんなのもか気になっておりました。今日視聴した わたくしも少し呆然とした感覚がずっと続いております・・・w


↓ 以下劇場本編のネタバレを含む簡単な感想を書いていくので未視聴の方々はお気をつけください。 ↓









冒頭のバトルは、過去作であんまり実現しえなかった魔法少女5人による連携攻撃が迫力ありました。その辺りは さすが劇場版。絵も動くし素晴らしかったです。
生身から魔法少女への変身シーンはバレエ(?)的なコンセプトみたいなものでもあったのでしょうか?それぞれがしなやかに身体を躍動させてて興味深かったです。
変身に長い時間かけてたので先に変身した人は終わるのを待ってる状態なのかな?と思ってたら なんかじわじわきたw




今作の序盤を見る限りでは、TVシリーズと同じ世界観もあれば異なる世界観も混在しているので、神まどによって再構築された世界のパラレルっぽい?と感じてました。 あの時は、魔女でなく魔獣だったのに、本作ではナイトメアと呼ばれてました。
ナイトメア?・・・悪夢?
それらを迎撃する魔法少女の戦闘の締め方にも ちょっとびっくりしましたね。
なぜかテーブルを囲んで拘束したナイトメアを前にマジカルバナナ的なクイズで余興を始めてしまう魔法少女たち。余裕綽々な雰囲気を感じさせます。そんなに強い敵ではないのかな?
お茶会での戦闘スタイルが突拍子もなく始まるので個人的には困惑しました・・・w




パラレルの世界だと思ってたら ほむほむがこの世界に対する違和と疑念を感じたようで物語がじわじわと展開していきます。マミさんの居候(?) べべ をキッカケに ほむほむ と マミさんが対立。超度級の場外バトルが始まりました。
この戦闘シーンが、お互いの攻撃を読み合い神回避の応酬になったためフィールドは瞬く間に廃墟の地に・・・。最後の心理的駆け引きも見応えありました。スキルと地形を使いこなした立体的なバトル。さすがベテラン魔法少女同士の戦いです。ひょっとして格ゲー化されたりしてw


魔女化した ほむほむを止めるために さやかが自分自身の魔女オクタヴィアを発現させたシーンは、ジョジョのスタンドを思わせて個人的にしびれました。
かっこよかったッ!
さやかがオクタヴィアを発現させるシーンはヤンデレほむらの世界になった時も出てきたので ある程度の魔女化コントロールはできるっぽいのかな?




今まで きゅーきゅぅー鳴いてて文字通り猫被ってたあのQBが、この世界の真実を語った時に与える絶望感と退廃感。あのテイストが 「魔法少女まどか☆マギカ」という作品カラーだったよなと改めて感じました。
その無機質なインキュベータを狼狽(?)させた ほむほむのまどかに対する愛は良くも悪くも純粋・・・だったんだろうなと・・・w 
ほむの気迫に まじで引いてたQBが印象的でした。

まどかを思うがあまりに・・・概念レベルで世界再構築を始め大暴走w
この辺りになると、ほむのキャラがニヒルな悪役っぽく変わってきてて ある意味新鮮でした。新世界では、ほむの支配力が高いみたいでQBの能力が生かせない雰囲気を臭わせてました。
ラストでは、治癒再生できずにボコられた(?)QBの事後シーンが忘れられません。。
その後、ほむが頭から飛び降りるシーンがあったけど何を意味するのか気になりますね。




twitter のリツィートで 「まどマギ観る前のテンション」 と 「 まどマギ観た後のテンション」 の比較写真があったけど、本当そういう気分になっちゃいました・・・w
ほむほむ・・・、本当にあれでよかったのか?


それにしても、あの世界観を彩る造形や色彩感覚やエフェクトなど なんというか一言では言い表せない独特な様式美ですね。ああいうのを発案して具現化できるスタッフさん本当すごいなと感心させられました。
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ : 映画記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://remixsoreal.blog102.fc2.com/tb.php/2376-dd2301e1
更新履歴


総記事数:
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ +

2015年 04月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【2件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【7件】
2012年 06月 【9件】
2012年 05月 【9件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【8件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【28件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【32件】
2011年 04月 【32件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【33件】
2010年 09月 【34件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【33件】
2010年 06月 【34件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【36件】
2010年 02月 【33件】
2010年 01月 【33件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【37件】
2009年 10月 【39件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【41件】
2009年 06月 【41件】
2009年 05月 【33件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【35件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【35件】
2008年 12月 【34件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【35件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【37件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【33件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【33件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【35件】
2007年 10月 【31件】
2007年 09月 【31件】
2007年 08月 【33件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【2件】

RSSフィード

Appendix


Sky Clock
Flashカレンダー
QRコード
QRコード
カテゴリ
プロフィール

ルフェイン

Author:ルフェイン
こちら

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。