スポンサーサイト

--年--月--日 (--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンドイチロー

2013年08月23日 (12:17)

イチロー グリフィー氏から祝福 大型ビジョンで“異例の演出”

アメリカでは日米通産の記録は重視されないとか言われてた気がするけど、イチローが日米通産4000本安打を達成した時にはチームメイトやファンが祝福してたみたいだし、ある程度は評価されてるっぽいのかな?
日本人としては嬉しい記録です。

普通に考えたら、まず4000という数字が途方もない境地。
長年安定して安打製造してないとまずできないことですし、改めてイチローの自己管理の凄さを思い知らされる感がしました。

この辺りの記録となると ピート・ローズやタイ・カッブ といったMLB歴史的人物の名が挙がってくることになるんですね。まさにイチローは生きるレジェンド。
スポンサーサイト

本田のPK

2013年06月04日 (22:29)

日本が5大会連続W杯出場! 本田のPKで豪州と土壇場ドロー


W杯出場おめでとうございます!
できれば勝って決めて欲しかったけど贅沢は言ってられないですね。
正直先日の親善試合ブルガリア戦での試合内容がイマイチ消化不良だったので、本日のオーストラリア戦は大丈夫だろうか?という懸念は拭いきれませんでした。



今試合では、球際での攻防でも負けてなかったし、すごく気持ちが出ていたなと感じました。
後半辺りからオーストラリアの運動量が落ちて日本のポゼッション時間が多くなっていたのは、ある意味チャンスだったけど なかなかオーストラリア守備網を抜け切れなかったですね。



日本はFWケーヒルのヘディングを警戒して今野や吉田が身体寄せてたりカバーリングして うまく対応してました。カウンターで縦ポンを狙ってるオーストラリアだけに気を抜けなくて神経と体力使ったでしょうね。
そういうことも含めて高さのある栗原を投入したのかな。


一点ビハインドで後半ロスタイム、PKを獲得した時に本田がキッカーだったんですが、外せばそのまま敗戦に繋がる時間帯だっただけに、 これ尋常じゃないプレッシャーかかるシチュエーションだったと思います。
そういう状況でど真ん中に蹴りこむ本田の精神力。素晴らしかった。




さて、W杯出場を決めた後にはコンフェデレーションカップやブラジルW杯本戦が控えてます。
本日の試合でも決定力不足は露呈してたし、イタリアやブラジル、メキシコと戦うには心もとない印象があるのは気がかりです。良くも悪くも、結局は本田のキープ力やパスがないと試合を展開できないチームなので、怪我や出場停止になった時のシーンを想定した連携や選手選びも深めていきたいでしょうね。
今のメンバーは、ある意味安定感はあるけど、停滞というかマンネリ化してる感は否めないので、本戦では新戦力の台等を期待したいです。

ダブルスチール

2013年03月18日 (21:07)

山本監督、8回の走塁「ダブルスチールを行ってもいいというサイン」 

テレビ見れない時間帯だったので リアルタイムでは詳細知りませんでしたが、8回裏の日本のミスがポイントだったみたいですね。
下の映像を見る限りでは、内川が二塁ベース上に戻ってる井端を見て「え・・・!?」みたいな仕草をしてるので内川自身はダブルスチールの意図があったんでしょうね。逆に、井端はその気がなかったみたいだし、ベンチと内川と井端の意識が噛み合ってなかったのふうにも感じられます。
結果論で良い悪いと言うのは簡単ですが、あれで流れが途切れたのは惜しかったかも・・・。残念です。


しかし、WBC不参加で揉めてから監督選考に難航し、選手選考ではメジャー勢を取り込めなかった状況から考えると、よく健闘したと思います。
今大会では、なんといっても井端 弘和(中日ドラゴンズ)による ここぞというシーンでの いぶし銀なバッティングが印象的でした。個人的には、前大会のイチローの決勝タイムリーと同じ雰囲気を思い出しました。
なにはともあれ、侍JAPANお疲れ様でした。

CLベスト8

2013年03月16日 (19:31)

CL・優勝に最も近いのはどこだ?【オッズで読むCL】

 4月2日 バイエルン・ミュンヘン対ユベントス
 4月2日 パリ・サンジェルマン対バルセロナ
 4月3日 マラガ対ボルシア・ドルトムント
 4月3日 レアル・マドリー対ガラタサライ


リーガ3、ブンデス2、セリエ1、リーグアン1 というベスト8でうまいことバラけたっぽい(?)組み合わせですね。ここまできてプレミア勢が全滅というのは ちょっと意外。


PSGはFWイブラヒモビッチが出場できない(?)らしいので総合的にバルサ有利かな。ただ、バルサ自身も勝ちきれない試合がチラホラでてきてるし、何気にDF陣が手薄気味なので付け入る隙はあるかも?
レアルは最近調子良さそうだし優勝候補の一角なのは間違いないけど、FWドログバやMFスナイデルを補強したガラタサライは、ひょっとしたらひょっとするかもしれないし見所はありそう。
前大会準優勝のバイヤンは地力があるし勝ちそうな予感がしますが、個人的にはセリエAのチームが上がって欲しいのでユーヴェ推したい。
マラガとドルトムントは、両方勝ち上がって欲しいし なんかいい試合をやってくれそう。

シンジの日

2013年03月04日 (01:15)

マンU監督がハットトリックの香川を絶賛「今日はシンジの日」

いや~、これは驚きました。快挙だと思いますよ!鳥肌立ちました。
仮に10年前に 「今後日本人がマンU所属してリーグ戦でハットトリックを決める。」 と予言したとしても 「そんなアホなw」 と言われて誰も信じてくれない現状だっただろうし。今回それが現実になってるんですよね。。


昨夏、ドルトムントからユナイテッドに移籍して なかなか結果がでてこなかった香川がいきなりハットトリック!
少しずつチームメイトとの連携が良くなってきつつあっただけに今回の爆発はめちゃ嬉しいですね。
ルーニーとは最初の頃からよくパスくれてたこともあってかコンビネーション抜群だし、あとは他の選手たちから欲しいタイミングでパスを貰えたら もっと活躍できそう。


3点とも香川らしさを感じさせるクレバーでテクニカルなゴールだし、安定して結果残せれば さらなる高みへ覚醒しそうな予感もあります。思えばドルトムント時代でも前期は不調であっても後期なると無双してたし今回もそういう流れがあるかも。
今後が楽しみすぎます♪

今野のドリブル

2012年10月13日 (11:19)

日本代表、香川の劇的な決勝点でフランスから歴史的勝利

この試合は、日本では深夜から早朝という時間帯に放送されていたのでリアルタイムで視聴するのは困難のため録画でチェックさせて頂きました。


大体の予想通りフランス優勢の試合展開で日本は耐える時間帯が多かったですね。フランスCKの機会がかなりあった気がします。ジルーやベンゼマやメネスらの攻撃に対して日本のディフェンスはよく粘って守ってました。特にGK川島のセーブに何度助けられたことか。今回も神島様降臨でしたねw



試合を決定付けた後半終了間際のカウンターは、
今野の長距離ドリブル
右サイドにいた長友にパス
長友がペナルティーエリア中央へ折り返しのパス
香川が倒れこみながら決勝ゴール

という流れでした。

今野がドリブルでボールを持ってる時に、少し右サイドよりいた香川が中央にスッと入り込んでいく動きに 「らしさ」 を感じさせましたね。
あと、あのカウンターのシーンで長友がなぜか右サイドの前線にいて ちょっとびっくりw なぜそこにいる?w 長友のスタミナとスピード恐るべし。




後半の終盤辺りになって日本の良さが垣間見えたような気がしました。
正直なところ1トップにハーフナーでは、あまりボールが収まらなかったし試合全体を通しても効果的な攻撃にならなかったかも? 今のままだと、後半からパワープレー要員かなぁ・・・。
乾が左サイドに入って攻撃が躍動した気配があるので、もしも前田や本田が欠場の場合ならば、最後にやったフォーメーション
1列目、香川
2列目、乾・遠藤・清武(岡崎)
3列目、高橋・細貝

も面白そうです。


それにしても、フランスは3人目のフリーランニングが頻繁にあって攻撃が連動しまくってたのが印象的でした。試合内容だけで見れば普通にフランスが勝利しててもおかしくなかったと思います。
特に後半途中から出場したバイエルン・ミュンヘンのMFフランク・リベリのドリブルはすごかったです。清武と酒井弘の2枚ディフェンスをぶつけられても普通に抜いてしまうしマッチアップするディフェンダーは嫌でしょうね。

今度のブラジル戦は今日のフランス戦よりも見やすい時間帯だからリTVでアルタイム鑑賞したいですな。

ジーコの日本対策

2012年09月12日 (11:31)

ジーコ監督が埼スタ初黒星。奇策“マンツーマン3枚つぶし”実らず


W杯アジア最終予選グループB 日本1―0イラク


ジーコ監督、仕掛けてきましたね。
イラクはスタメン10人入れ替え、遠藤・長谷部・本田に対してマンツーマンディフェンスで日本に対抗してきました。

スタメンの事前情報が少ないためか、いきなりイラクCKで決定的なシーンが訪れましたし前半の序盤は少し落ち着かなかったですね。日本の攻守の生命線である遠藤・長谷部のダブルボランチと トップ下の本田を自由にさせないように対策をとってきたジーコ監督。日本を知り尽くしているだけあって思い切りましたね。

センターのプレースペースを塞がれた日本としては、ボランチを経由せずにサイドから攻める形が増えていったのは当然の流れでした。その点、ディフェンスラインからビルドアップできる吉田がいるのは心強く感じました。



今後は、ボランチを封じられて吉田や今野からゲームを展開させるパターンも充分ありえるだろうからカバーリング能力や足元の技術などに長けたDFが重宝される時代になってくるのだろうなという気がしてきます。もちろん相手FWに対抗できる最低限のフィジカルは必要不可欠でしょうけども。
そう考えるとザック監督の理想のCBは今のところ吉田麻也タイプなんだろうなと感じます。。SB CB ボランチに対応できる槙野や今野。新戦力の高橋秀人も状況によって使いやすいだろうし現代のDFは攻守での能力を求められる傾向なのかな。



昨日の試合では、それぞれメンバーが持ち味を出してて良い試合だったと思います。もちろん最優先である勝ち点3を獲得できたのは大きいですね。その過程では長友の左サイド制圧、清武のパスセンス、前田の駆け引き&ゴール、岡崎の献身的な運動量、長谷部の潰しなど目を見張る活躍が多かったです。逆にイラクに決定的なシーンを何度か作らせて危なかったのもありましたが、神島様(川島)が降臨されて事なきを得たのは大きかったかも。


香川は腰痛で大事をとってベンチ外だったけど代役の清武が活躍したし日本の2列目はタレント揃ってますね。
パスセンス優れた清武の安定感はU23やセレッソ大阪やニュルンベルクでも実証されているので香川も うかうかしてられないかもしれません。
今後はアウェイでの厳しい試合が多くなるだろし、早いとこ本戦突破確定させたいですね。

五輪憲章抵触か?

2012年08月11日 (21:43)

「独島はわれわれの領土」サッカー日韓戦後にメッセージボード 五輪憲章抵触も

あーあ、またやらかしちゃったか・・・。あの国は。。
確固たる目標があるからメンタルが強いというのも ある意味分かる気がします。
2011年アジア杯での奇 誠庸(キ・ソンヨン)の猿真似らしきパフォーマンスでさえ色々物議を醸したのに、堂々とサッカーとは直接関係ない政治的メッセージを提示してくるとはね・・・。

そんな思想の相手に試合で敗北したことは悔しいけど、できることならA代表を含め もう二度と対戦して欲しくないです。。毎回思うことだけど、向こうは向こうで異常な反日思想で日本を意識してるため、勝っても負けても後味が悪すぎるんですよねぇ・・・。毎度ラフプレーによって怪我人が出る可能性も高いし、今回のようにスポーツの範疇外な行動をするし・・・。



なにはともあれ U23日本代表、大会以前の酷評を覆してのベスト4は今後の日本代表の糧となりそうです。できれば韓国に勝って銅メダルを獲得して欲しかったですが・・・。
宇佐美は、今回のチーム戦術で あまりフィットしてなかったのは仕方ないかもしれませんね・・・。もともと個人技がある選手だから戦術の合うチームなら活躍できるのかも?今回飛躍した大津、永井、吉田などは目に見えて持ち味を発揮していたし今後も楽しみです。
大津の1点を守りきり、スペインから大金星=サッカーU-23日本代表

勝っちゃったよ…。スペインにッ!
序盤から日本の寄せが早くてスペインにボールキープさせる時間を与えませんでしたね。いや、というよりかはパスを回されているんだけど、要所要所でプレッシャーをかけパスコースを減らしボール絡め取っていた感じかな。


最終ラインの危険なゾーンではOA組のCB吉田と左SB徳永の守備がかなり効いてた気がします。右SBの酒井宏樹が怪我で交代した後の酒井高徳は ちょっと不安定なプレイだったのでヒヤヒヤしましたが途中からだから仕方ないか。。



永井の快速を武器に何度も決定機を演出してましたが、ことごとくスペインゴールを割ることができず。。GKデ・ヘアの好守もあったことだし簡単にはいきませんでしたね。正直2点くらい取れたっぽい感じだったのが勿体なかったかもです。

DFイニゴ・マルティネスが永井の突破を止めるためにたまらずファールしてレッドカード退場になったのは日本にとって良い追い風となりました。レフリーが帳尻あわせの判定を日本にもするのではないかという懸念がありましたが、その辺は大丈夫みたいでしたね。。


スペインがイラついてる様子が見て取れましたので日本チームにとっては してやったりという雰囲気なのかな。
ただ得点を決めた大津と酒井宏樹が怪我したのは気がかりですね…。



後半残り10分辺りからtwitterのポストが2つ表示される不具合が出てきて最終的に全くポストできない状況になった時はびっくりしましたw 
TLを見てる限りでは、どうもモバイル系のクライアントからだったらツィートできたみたいです。twitcleはOKっぽい。リアルタイムで日本勝利の感激をつぶやけなくて残念でした。。

イチロー、ヤンキース移籍

2012年07月24日 (09:58)

イチロー、ヤンキースへ…2投手と交換トレード

今朝、twitterのTL上でイチローに関するポストがたくさん流れてきてたので何事かと思っておりました。たしか今年でマリナーズとの5年契約は最終年だったと思うし、動くならこのタイミングしかなかったのかも。。
本音としては もっと早く移籍して勝てるチームに行きたかったんでしょうけどね。
去年からは超人的な成績を残せてないイチローにとってヤンキースでどこまで活躍できるのか分かりませんが、そろそろ優勝を味わってほしい気がします。
というか、移籍発表の今日で ヤンキース VS マリーナーズの試合で8番ライトで出場してることに驚きました。移籍当日から試合に出場するのか。

それにしても、イチローを追いかけてマリナーズに入団した川崎はガッカリなんでしょうね。川崎もヤンキースを目指すのかどうか。
更新履歴


総記事数:
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ +

2015年 04月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【2件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【2件】
2012年 11月 【1件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【5件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【7件】
2012年 06月 【9件】
2012年 05月 【9件】
2012年 04月 【9件】
2012年 03月 【8件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【28件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【31件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【31件】
2011年 05月 【32件】
2011年 04月 【32件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【33件】
2010年 09月 【34件】
2010年 08月 【32件】
2010年 07月 【33件】
2010年 06月 【34件】
2010年 05月 【33件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【36件】
2010年 02月 【33件】
2010年 01月 【33件】
2009年 12月 【35件】
2009年 11月 【37件】
2009年 10月 【39件】
2009年 09月 【45件】
2009年 08月 【40件】
2009年 07月 【41件】
2009年 06月 【41件】
2009年 05月 【33件】
2009年 04月 【35件】
2009年 03月 【35件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【35件】
2008年 12月 【34件】
2008年 11月 【35件】
2008年 10月 【35件】
2008年 09月 【34件】
2008年 08月 【37件】
2008年 07月 【33件】
2008年 06月 【33件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【33件】
2008年 03月 【33件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【33件】
2007年 12月 【35件】
2007年 11月 【35件】
2007年 10月 【31件】
2007年 09月 【31件】
2007年 08月 【33件】
2007年 07月 【31件】
2007年 06月 【37件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【2件】

RSSフィード

Appendix


Sky Clock
Flashカレンダー
QRコード
QRコード
カテゴリ
プロフィール

ルフェイン

Author:ルフェイン
こちら

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。